★ ★
リポジトリホーム    E-TOPIAホーム    このサイトについて    論文の投稿・確認        English    附属図書館    東京学芸大学    問合せ

年月を指定して移動:    
年を入力して移動: 降順ソート  |  昇順ソート

アイテム表示: 65-85 / 21519.  前ページ  |  次ページ

タイトル著者 作成日
各教科領域別研究内容(研究年報)2018-9-0
国際バカロレア・ディプロマプログラム「美術」「比較研究」について1 : 学習内容の整理と生徒の議論的な振り返りの比較と考察から(個人研究・共同研究)後藤,保紀2018-9
「発達段階に応じた体育の指導」 : 中高一貫に伴う小・中高の連携を生かしたカリキュラム開発 : 小・中高の連携を生かした水泳指導過程の確立をめざして(個人研究・共同研究)河口,雅史; 小林,誠人; 堀口,純平; 松井,直樹; 山田,章浩; 板村,邦弘; 大川,健介; 加藤,英明; 澁澤,秀徳; 田島,宏一; 橋本,みゆき; 深澤,祐美子2018-9
地球市民としての意識を育てる音楽科教育(個人研究・共同研究)居城,勝彦2018-9
学校図書館を活用した教育実習生の指導 : 生徒のキー・コンピテンシー育成に資する教員養成の一端として(個人研究・共同研究)浅田,孝紀2018-9
国語科単元学習の創造(1)(個人研究・共同研究)愛甲,修子2018-9
操作で定義するたし算の指導(個人研究・共同研究)神保,勇児2018-9
「推こう」指導に関する研究 : 小学校5年生の推敲に関する意識調査からの一考察(個人研究・共同研究)成家,雅史2018-9
小学校1年生における正しい箸の持ち方の習得 : 持ち方指導の効果についてのアンケート調査および事前事後の観察(プロジェクト研究)今,里衣; 横山,英吏子; 福地,香代子; 鳴瀬,彰子; 鈴木,千夏; 南,道子2018-9
有為な書道教員を養成するための教材開発 : 新たな授業実践を通して考える(プロジェクト研究)荒井,一浩; 加藤,泰弘; 大野,幸子; 國定,貢; 後藤,浩; 齋藤,正夫; 鈴木,幸子; 五月女,章子2018-9
校種をまたいだ「算数・数学的な考え方」の変容に関する研究 : 前提の意識化を促す教材の実践(プロジェクト研究)柴田,翔; 加固,希支男; 小野,健太郎; 中村,真也; 川村,栄之; 樺沢,公一; 細矢,和博; 太田,伸也2018-9
協働性を高める読むことの学習環境デザイン(2年次) : 小・中学校の読むことの学習における「振り返り」の活用に着目して(プロジェクト研究)成家,雅史; 細川,太輔; 愛甲,修子; 菅,俊輔; 川嶋,正志; 大塚,健太郎; 鈴木,秀樹2018-9
「特別の教科 道徳」における問題解決的な学習と評価の研究(プロジェクト研究)永田,繁雄; 松尾,直博; 遠藤,信幸; 面川,怜花; 川井,優子; 齋藤,大地; 杉本,遼2018-9
主体的に「数学する」児童・生徒を育む授業に関する研究(2年次) : 「主体的に数学する」児童・生徒を育む授業における発問や教師の手立ての検証(プロジェクト研究)永山,香織; 鈴木,誠; 矢嶋,昭雄; 稲垣,悦子; 越後,佳宏; 栗田,辰一朗; 田原,理恵子; 守屋,友紀; 傍士,輝彦; 峰野,宏祐; 岡田,春彦; 蓮沼,喜春; 青山,久美子; 井上,哲明; 大谷,晋; 指田,昭樹; 佐藤,亮太; 菅原,幹雄; 田中,満城子; 野島,淳司; 吉岡,雄一2018-9
理科授業におけるアクティブラーニングの実現に向けた教員養成のあり方 : 実践した講義の教育実習への影響(プロジェクト研究)梅田,翼; 鎌田,正裕; 新田,英雄; 原田,和雄; 川角,博; 宮内,卓也; 元川,ゆかり; 松原,静郎; 番田,清美; 藤田,留三丸; 堀井,孝彦; 河野,広和; 青木,良太; 五十嵐,敏文; 羽仁,克嘉; 岡田,仁; 宮﨑,達朗; 髙田,太樹; 小林,雅之; 宮城,政昭; 市原,光太郎; 岩藤,英司; 内山,正登; 小川,乃絵; 齋藤,洋輔; 田中,義洋; 坂井,英夫; 小境,久美子; 浅羽,宏2018-9
東京学芸大学「自主ゼミ」の意義と実態 : 附属図書館「自主ゼミ等」アンケート調査によせて(図書館かわらばん特別号(2018年夏))大石,学2018-8-31
おわりに : 探究的に学ぶ学習の時間を増す!細井,宏一2018-8
2年きく組「「みんなで生きる」を考えよう : 鬼 : 「空からのぞいた桃太郎」」(III 実践報告)杉本,遼2018-8
4年きく組「My favorite places.」(III 実践報告)久保,幸恵2018-8
1年ふじ組「How many ~ ? : いくつ?」(III 実践報告)石毛,隆史2018-8
6年うめ組「紹介しよう : He/She is 〇〇. He/She can ◇◇.」(III 実践報告)石毛,隆史2018-8