★ ★
HOME    E-TOPIA    About this site    mypage        Japanese    library    university    Feedback

東京学芸大学リポジトリ >
Art and Sports Sciences >
Art and Sports Sciences : Journal Articles >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
13430203_20_02_20.pdffulltext603KbAdobe PDF
Title :コメント : 当事者からみる医療事故と保健医療社会学 : 市民的合理性とlaypersonの視点の必要性
Title alternative :Comments on Medical Accidents/Malpractices from the view of the person concerned and the Sociology of Health and Medicine : Civic Rationality and Role of Layperson
Authors :朝倉,隆司
Authors alternative :Asakura,Takashi
Issue Date :2009
Abstract :当事者、医療被害を受けた患者の家族や医療裁判に係わられた医師による、それぞれの体験に基づいた医療事故とその裁判、医療ADRに関する講演に対して、4つの観点からコメントを行った。すなわち、1)医療界、法曹界における専門家制度のあり方の問題、2)専門家とlayperson、非専門家の関係性、3)日常生活のリアリティと市民的合理性、4)医療事故や医療過誤の当事者の語り、である。そして、このテーマに関する保健医療社会学の課題は、実証研究、理論研究を通して、保健医療のフィールドで専門家と非専門家とのインタラクションによって起こる様々な現象について、専門家の世界と日常生活者の世界のギャップを埋める架け橋の役割を果たすことだと考える。
URL :http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=NCID%3AAN10421975
Type Local :雑誌論文
ISSN :13430203
Publisher :日本保健医療社会学会
URI :http://hdl.handle.net/2309/117173
Rights :本論文の著作権は『日本保健医療社会学会』にあります。
text version :publisher
Citation :保健医療社会学論集 Vol.20 no.2 p.20 -25
Appears in Collections:Art and Sports Sciences : Journal Articles

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2309/117173