★ ★
HOME    E-TOPIA    About this site    mypage        Japanese    library    university    Feedback

東京学芸大学リポジトリ >
Humanities and Social Sciences >
Humanities and Social Sciences : KAKENHI and other report >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
report_20871.pdffulltext15377KbAdobe PDF
Title :平成30年度特別開発研究プロジェクト報告書 言葉を通して生きる力を育む国語科の授業に関する総合的研究
Authors :石井,正己
愛甲,修子
菅,俊輔
數井,千春
石井,健介
松原,洋子
田中,成行
川嶋,正志
Issue Date :28-Feb-2019
Abstract :平成29年度・平成30年度の2カ年計画で申請した東京学芸大学特別開発研究プロジェクトの2年目の報告書である。「言葉を通して生きる力を育む」というテーマと向き合うために「病」「戦」「災い」という三つの観点を設け、東京学芸大学附属小金井中学校における実践と、教材研究、講演を報告する。 〈第一部〉 附属小金井中学校の実践と検討 (1)物語を語る「ことば」-単元「私たちが考える人間らしさ」の学習材- 数井千春 (2)思いを伝える「ことば」 -万葉集・防人歌- 愛甲修子 (3)命を見つめ生きる力を育む災害伝承としての「言葉」 -『方丈記』と災害伝承の碑を中心に- 菅俊輔 〈第二部〉 言葉を通して生きる力を育むための教材研究 (1)古典教材『方丈記』『枕草子』の小・中・高の内容決定のための課題 -生と死、恋愛と結婚、新暦と旧暦- 田中成行 (2)枝幹二氏の遺書に関する新たな資料 松原洋子 (3)戦争と向き合う「ことば」 -ヒロシマ・ナガサキから考える- 川嶋正志 〈第三部〉 言葉を通して生きる力を育むための講演 (1)小学一年生が書いた関東大震災 石井正己 (2)釜石小学校の残した遺産を伝えたい 石井正己 (3)少年の体験と学問の形成 -『故郷七十年』と『遠野物語』- 石井正己
Type Local :その他
URI :http://hdl.handle.net/2309/151671
Comment :石井,正己(研究代表者)
text version :publisher
Citation : p.1 -96
Appears in Collections:Humanities and Social Sciences : KAKENHI and other report

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2309/151671